バプテシア

マメ科の宿根草。アメリカ原産。学名はバプティシア。最近はバプティシアの品種が増えてきていて、ショップなどでもだいぶ見かけるようになってきたそうで、散歩の途中、宇奈根の方で初めてみました。縦横20m程の畑で咲いていました。

 ...続きを読む

フィゲリウス・カペンシス

 初夏にみられるはなです。南アフリカが原産の所からケープフクシアとも呼ばれます。フィゲリウスは長細い筒状の花がたくさんついて賑やかです。花はフクシアのトリフィラタイプのに良く似ています。  

 ...続きを読む

イタドリ

痛取(イタドリ)    タデ科  ソバカズラ属 根茎部分を乾燥させたものを虎杖根(こじょうこん)といい、排便を促す作用があり、便秘薬として古くから民間療法に用いられてきました。また、若い葉には止血作用や鎮痛効果があるとさ

 ...続きを読む

ワルナスビ

ナス科  ナス属  可愛い花なのですが、雑草取りのつもりでうっかり抜こうとするとちくっと とげにささり痛い思いをしました。 それからは気を付けています。

 ...続きを読む

コムラサキ

初夏に咲いていた草花も9月になって、実をつけています。まだまだ青いものが多いですがこれから熟してゆくと綺麗な色に変わってゆきますね。色の移り変わりが楽しめるのもこの時期ならではです。

 ...続きを読む