ガレージシャッターとは?② メリットや注意点について解説!

【東京都・神奈川でエクステリア・外構工事をするならGREEN.GREE(グリーングリー)】
 
ガレージシャッターを検討中の方へ。
今回はガレージシャッターを設置する際のメリットや注意点について解説していきます。
 

そもそもガレージシャッターとは?

ガレージシャッターとは、ガレージや車庫の出入り口に設置するものを指します。
詳しい内容や費用相場についてはこちらの記事でご紹介しているのでぜひ読んでみてくださいね。
ガレージシャッターとは?種類や費用相場について詳しく解説!
 

ガレージシャッターのメリットとは?

①車を守ることができる

ガレージシャッターを設置していない場合、人が侵入したり、車に傷をつけられるなどのリスクがあります。人の侵入だけでなく動物の侵入も防ぎ、雨や風が当たることも防ぐことができるため、大切な車を守ることができます。
 

②防犯対策になる

ガレージシャッターだけでなくホームセキュリティを導入することで安全をより強化することができます。
ガレージシャッターは中を見ることができなくなるため「もしかしたら人がいるかもしれない」と思わせることができるため防犯対策につながります。
 

③おしゃれな外観になる

近年ではガレージシャッターも、デザイン性のあるものが増えてきています。
外構は家の印象を決める大事な場所なので、外構の一つであるガレージシャッターも家の外構イメージに合わせて設置したいですよね。木製のシャッターなどは高級感の演出もできるためさらにお洒落な外構が仕上がります。
 
ガレージシャッターは自分だけのお気に入りの部屋にすることができます。
休日にガレージの中で、自分だけの空間で愛車やバイクの手入れをするなど、充実した空間を作ることができるのが最大のメリットと言えます。
 

ガレージシャッターを設置する際の注意点とは?

①ガレージとシャッターのデザイン

ガレージシャッターを設置する際は、デザインが浮きすぎないように注意が必要です。
元々あるガレージにシャッターを追加する場合、シャッターのデザインにこだわりすぎてしまうとガレージとのバランスが悪くなってしまいます。
ガレージシャッターのデザインを決める際には、ガレージのデザインとのバランスを重視することをおすすめします。
 

②防火地域や準防火地域に指定されているか

防火地域に指定されている場合、どのガレージシャッターでも設置することができるわけではありません。
必ず「防火シャッター」である必要があります。
防火シャッターには3つの種類があります。
①遮炎性能がある
②準遮炎性能がある
③建設省告示第1360号例示仕様
それぞれ面積や何階建ての建物かなどによって①〜③の、どのシャッターであれば設置できる、というものが変わってくるのでシャッターを選ぶ前に必ず確認するようにしましょう。
ご不明な場合は、お気軽に弊社までご相談くださいね
※防火地域:市街地における火災の危険を防御するため定める地域のこと
 
いかがだったでしょうか。
ガレージシャッターを設置することにメリットもありますが、設置時には防火地域など注意しなければならない点もあるので慎重に選択することが大切です。
次回はガレージシャッターの工期について解説するのでぜひ読んでみてくださいね。
外構工事でお悩みの方は是非一度弊社までご連絡ください。
 
<<世田谷を中心に東京都・神奈川でエクステリア・外構工事をするならGREEN.GREE(グリーングリー)>> 工事に関して何かお困りごとや検討されている場合は、下部お問合せフォームをクリックしてご相談ください!