外構に階段をつけたい!設置する際のポイントを解説!

【東京都・神奈川でエクステリア・外構工事をするならGREEN.GREE(グリーングリー)】

 

外構に階段を設置したい…けど何に気をつけたらいいの?

そうお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は外構に階段を設置する際のポイントについて解説します。

 

外構に階段をつけたい!

外構に階段を設置する場合、玄関まで行くのに毎回通る場所になるためデザインや綺麗さはもちろん大切になりますが、それ以上に考えるべきポイントが安全性です。

高低差などの段差をはじめ、きちんと玄関までの道のりを安全に通れるのかを考える必要があります。

お子さんがいるご家庭や高齢者の方がいる場合など、目的や使用する人によって階段の高さや機能、素材などが変わってくるため、デザインの計画を立てる前にどういった人が使用するのかも考えておくようにしましょう。

階段を設置する際のポイント

①段差

1番のポイントとして挙げられるのが段差を大きくしすぎないことです。

特に小さいお子さんやお年寄りの方が使用する場合には、階段を登るのに苦労することになります。そのため、なるべく緩やかな階段になるよう計画を立てるようにしましょう。

一般的な階段のサイズは蹴上が15cm〜20cm、踏み面が30cmで計画することが多いですが、さらに階段の角度を緩くしたいという場合には蹴上を小さくし、踏み面を広く取ることでさらに登りやすい階段にすることが可能になります。

※蹴上(けあげ):垂直方向、踏み面(ふみづら):水平方向のことを指す

②高さの統一

階段を設置する際には途中で蹴上の高さを変えないようにし、全ての高さを統一するようにしましょう。

途中で蹴上の高さが変わると、躓く原因になってしまいます。

どうしても高さを変える必要がある場合には、途中に踊り場を設けると躓き防止になります。

③素材

外構の階段の場合、雨などで濡れた際に滑りにくいというのも重要になります。

表面がツルツルしている素材の場合滑りやすくなってしまうため、ゴツゴツやザラザラしているものを選択するといいでしょう。

一番使用されている素材はタイルになります。

選ぶ際には必ず外床用のもので、階段用滑り止めタイルを選びましょう。

④手すり

手すりは必要ないと判断し設置しない方も多いようですが、判断ポイントは「今」だけではありません。

今は必要ないかもしれませんが、「将来子供が生まれたら…」「長くこの家に住むなら…」など将来のことも考えて決めることが大切です・

妊婦さんになれば、お腹が大きくなればなるほど下が見づらくなるため、特に下り階段の場合手すりがないと降りるのが怖くなります。

また、年をとって視力が落ちてくると階段の上り下りはより慎重になるでしょう。

手すりの設置は今だけでなく、ご家族の将来を考えた上で判断するようにしましょう。

 

いかがだったでしょうか。

外構の階段は設置して終わりではありません。

家の中の階段とは違い、天候が関係してくるため、より安全に通れるよう階段周りもよく考える必要があります。

階段だけではなく外構全体を通して言えることですが、照明の設置も忘れずに行うようにしましょう。照明を設置するだけで足元が照らされ上り下りの不安を軽減することができます。

外構に階段を設置したい!という方はまず弊社にご相談ください。

それぞれのご家庭やお家に寄り添った外構を提案させていただきます。

 

<<世田谷を中心に東京都・神奈川でエクステリア・外構工事をするならGREEN.GREE(グリーングリー)>> 工事に関して何かお困りごとや検討されている場合は、下部お問合せフォームをクリックしてご相談ください!