知っておきたい!傾斜地の外構工事に必要なものとは?

【東京都・神奈川でエクステリア・外構工事をするならGREEN.GREE(グリーングリー)】

 

高台に建てられたお家は見晴らしもよく、気持ちが良いですね。海や山といった景色を楽しんだり、夕暮れや街並みを眺めるのは癒しのひとときです。また、傾斜地のため、平坦な土地よりも安価である場合も。

ただ、高台にあるお家は、坂の途中に位置し傾斜地である場合が多く、外構工事にも一工夫必要なケースも多いです。今回は、気になる【傾斜地での外構工事】について、ご紹介していきます!

 

【傾斜地での外構工事に必要なもの】

 土留め

 盛土・切土

 法面(のりめん)の工事

 

・傾斜地での外構工事に必要なもの

土留め

必ず必要となるのが「土留め」です。その名の通り、「土を留める」という意味で、近隣へ土が流れるのを防ぐ役割があります。特に傾斜地に建てられており、お隣さんと敷地の高低差がある場合、高いところから低いところへ土や水が流れてはご近所トラブルの原因となることも。特にお隣さんとの境界の土留め工事はしっかりと行いたいですね。

 

盛土・切土

次に必要な工事が「盛土(もりど)」もしくは「切土(きりど)」です。「盛土」は高低差や勾配がある地面に土を足すこと、逆に「切土」は土を削り取ることを言います。いずれも敷地を平坦にする役割があります。例えば、駐車場の勾配が急すぎると車が停めづらかったり、乗り降りも難しいことがあります。そういった場合に、駐車場部分の勾配を緩やかにするために行われます。

 

法面

最後に法面(のりめん)の工事です。敷地の外と内で高低差がある場合に斜めになった部分を法面と言います。土のままだと土や水が流れてしまいますし、見た目も美しいとは言いづらいですね。芝生などを敷いて土が流れないような工事をする必要があります。芝生は手軽に緑を楽しむこともできて、費用も比較的抑えることができます。ところどころに植栽を植えることでデザイン性を高めることもできますよ。

 

いかがでしたか?

傾斜地は、外構工事も工夫が必要です。ご自宅の敷地の場合は、どんな工事が必要か、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

<<世田谷を中心に東京都・神奈川でエクステリア・外構工事をするならGREEN.GREE(グリーングリー)>> 工事に関して何かお困りごとや検討されている場合は、下部お問合せフォームをクリックしてご相談ください!